地主への借地権の売却

地主から借地権売却の承諾を得ることができない場合、借地非訟手続きにより裁判所から許可を得ることも可能ですが、地主に借地権を買い戻さないかと提案する方法もあります。地主にとっては、底地権があるものの地代を受け取りながら土地活用を行うのと借地権を買い戻して完全所有権を得て、自由に土地を活用するのとでは大きな違いがあります。その後の土地活用に計画がある際など、地主が借地権を買い戻したいと考えている場合は、この方法が有効となります。

電卓地主に借地権を売却する場合には、借地人から地主に提示する価格は、借地非訟で介入権を行使して地主が支払う買取価格が基準となるため、借地非訟に移行する前の段階で金額を提示する方が合理的といえます。借地非訟の手続きは譲渡や建替えの承諾料が争点となっている場合でも1年程度の期間をようすることがあります。また、承諾料以外に借地の利用を巡って事実関係を争点とする場合には、さらに長い期間を要することになります。借地権をとにかく早く処分したいと考えている場合は、借地非訟手続きをとることなく、多少額が高くなっても地主の提示する承諾料を支払う方が交渉がスムーズに進むこともあるため、専門業者のアドバイスを受けて判断することをおすすめします。